会社概要|A式ダンボールケース、オンデマンドパッケージ製作、オーダーメイド家具、パレットルームの創造紙材

会社概要

商号 創造紙材株式会社
代表取締役 中沢浩樹
設立 昭和29年1月11日 創業 明治初年
資本金 1,000万円
資本形態 金子包装ホールディングス株式会社の100%子会社
事業内容 段ボール箱製造、販売。段ボール製家具の企画、製造、販売。その他一般資材の販売。
従業員 18名
年商 11億円
本社工場 茨城県古河市丘里8-3 丘里工業団地内 【地図
TEL 0280-98-1321
FAX 0280-98-1333
敷地 4,520m2 建物 2,200m2
製函能力 月産200万m2
機械設備 三菱重工製 サミットXII
固定式 フレキソ4色印刷機・ダイカッターグルア 1台
2,400mm 毎分300枚
石倉工業製 フルオートシートフィダー 1台
山田機械製 自動結束機 1台
ファインテック製 パレタイジングロボット 1台
フォークリフト 4台
【デジコアシステム】
インクジェットプリンター EPSON PX-20000 MAXART-3
サンプルカッター AS-3020F
ラミネーター LAMMI GORILLA LK58EC
協力工場 伊丹紙工 平和紙器

沿革

明治初年 金子久次郎 幸手市にて金子商店と号して米殻問屋を開業
昭和3年 前会長金子道之助 藁縄の製造販売も始める。
昭和17年 第二次大戦のため航空機の部品工場に転換する。
昭和23年 藁工品の統制解除と共に業務再開。
昭和29年 業務拡張にともない、株式会社金子商店と改組する。
昭和36年 前社長金子勝衛が包装の近代化に対応するため、市内に段ボール工場を新設。それにともない社名も、金子包装資材株式会社に変更する。
昭和44年 幸手工場の設備にプリスロオートグルア等を導入。量産化、高速化に対応する。
昭和50年 受注量増大のため、水海道工場を新設。フレキソダイカッターグルアを新規装備し大幅な合理化に成功。
昭和58年 手狭になった幸手工場を茨城県総和町の丘里工業団地へ移転する。
本社工場のメインマシンにフレキソダイカッターグルアを投入する。
社名を金子包装株式会社に変更。
昭和59年 オフコンによる製函業務管理システムを導入。受注ロットの短小化に対応するためOA化を図る。
平成2年 本社工場のメインマシンをコンピューター対応の出来る石川製作所のアクシス250にきりかえる。
時短を含めたFA化を図る。
平成4年 創業社主である前社長金子勝衛死去により、現体制になる。
平成10年 社内業務管理をオフコンからパソコンのシステムへ転換する。
平成14年 水海道工場を閉鎖し、本社工場に生産ラインを一本化する。
三菱重工製の固定式4色フレキソ印刷機を設置、2直体制でさらなる効率化を図る。
平成22年 品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001認証取得。
社内業務管理システムをディービーテック(有)の最新統合生産管理システム「Smart Books」に変更。
デジタル事業部開設に伴い、サンプルカッターとインクジェットプリンターを組み合わせたデジコアシステムを導入。
平成26年 デジタル事業部を段ボール製家具を中心にしたコルファニ事業部として設立。
平成27年 常陽銀行主催による、「第3回常陽ビジネスアワード」
茨城県における新規ビジネスプランコンペティション、応募総数379社。
弊社「コルファニ事業(段ボール製家具)」グランプリを受賞。
平成29年 金子包装をホールディングス化。子会社全てに対し資本編成を行い金子包装は金子包装ホールディング株式会社となる。当該のすべての段ボール事業は、新設の当社「創造資材株式会社」が引き継ぐ。

主な仕入先

  • 日本トーカンパッケージ株式会社
  • レンゴー株式会社
  • 株式会社トーモク
  • セッツカートン株式会社
  • 王子チヨダコンテナー株式会社

主な得意先

  • 諸川青果株式会社
  • フタバ食品株式会社
  • 三菱商事株式会社
  • 古河青果株式会社
  • ミヤト製菓株式会社
  • 日通商事株式会社
  • 他約200社

取引銀行

  • 埼玉りそな銀行幸手支店
  • 栃木銀行古河支店
  • 日本政策金融公庫大宮支店
  • 武蔵野銀行幸手支店
  • 常陽銀行古河支店

プライバシー ステートメント

当社はお客様の信頼を第一と考え、お客様の個人情報を取り扱うとともに、正確性・機密性の保持に努めています。詳細は『個人情報の取り扱い』よりご確認頂けます。